Project

Recent Entries

タグ一覧

Calendar

2024年5月
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
 

Monthly Archive

  • 2020年4月 (1)
  • 2018年3月 (1)
  • 2017年11月 (1)
  • 2017年4月 (1)
  • 2016年9月 (1)
  • 2016年4月 (2)
  • 2016年3月 (6)
  • 2016年2月 (2)
  • 2016年1月 (6)
  • 2015年12月 (6)
  • 2015年11月 (2)
  • 2015年10月 (6)
  • 2015年9月 (1)
  • 2015年8月 (5)
  • 2015年7月 (5)
  • 2015年6月 (7)
  • 2015年5月 (5)
  • 2015年4月 (1)
  • CAPEレクチャー (6月2日)Prof. Jean-Marc Levy-Leblond  Successes and limits of modern physics

    2015年05月22日

    来る、6月2日(火)にニース大学名誉教授Jean-Marc Levy-Leblond 氏によるCAPEレクチャーが開催されます。
    皆様ふるってご参加ください。

    Speaker:Prof. Jean-Marc Levy-Leblond
    Title: Successes and limits of modern physics
    Date: Jun. 2 (Tue.) 2015 18:10-19:40
    Venue:京都大学吉田キャンパス 総合研究棟2号館第10演習室, Seminar Room 10 Rsearch Building No.2, Kyoto University.
    http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/downlodemap/documents/2014/main-j.pdf (No.34)

    Abstract:
    Are the modern physical sciences on the verge of reaching a complete and final knowledge of the Universe, explaining all natural phenomena, including those studied by other disciplines (biology, psychology, etc.), as some believe, or, as others argue, do they meet unsurpassable limitations due to the very nature of the world according to some fundamental discoveries of the XXth century (impossibility to exceed the velocity of light, quantum uncertainty principle, etc.)?Both these pretenses seem unjustified.For, if no epistemological problem can be interpreted as signaling an intrinsic limitation of our potential knowledge, it remains true that a
    reasonable view of physical science (as for any science) necessarily takes into account its borders and leads to dismiss a too optimistic reductionism. Furthermore, the present concrete conditions which rule modern scientific research (technicisation, industrialisation, etc.) restrict its long term capacities. This is especially true for physics, which, paradoxically, is ever more able to transform the world and less apt to understand it. Is this situation a temporary one? That is the question.

    講師紹介:
    レヴィ=ルブロン名誉教授(ニース大学)は量子力学を主な研究領域とする理論物理学者として著名であるが、同時に「科学を文化に置き入れる」ことを提唱する哲学者としてもフランスでは知られる。

    CAPEについて
    ご挨拶
    ミッション
    応用哲学・倫理学
    学内連携
    国内連携
    国際連携
    関連する過去の活動
    メンバー
    伊勢田 哲治
    上原 麻有子
    出口 康夫
    大河内 泰樹
    児玉 聡
    海田 大輔
    大塚 淳
    大西 琢朗
    伊藤 憲二
    マイケル・キャンベル
    研究員
    教務補佐員
    運営委員会
    CAPE Lecture・WS
    CAPEレクチャー
    CAPEワークショップ・
    シンポジウム等
    プロジェクト
    生命倫理
    環境倫理
    情報倫理
    研究倫理
    実験哲学
    ロボット哲学
    宇宙倫理
    分析アジア哲学
    動物倫理
    ビジネス倫理
    教育・アウトリーチ
    教育活動
    入門書紹介
    メディア
    臨床倫理学入門コース
    研究倫理学入門コース
    出版物
    出版プロジェクト
    研究業績
    single
    生命倫理のひろば投稿

    <生命倫理のひろばでのルール>

    • 読みやすさを考えて、文字数は400 字以内におさめてください(最大800 字まで)。
    • 投稿の際には「ニックネーム」を指定できます。
    • 質問やコメントの掲載までに1 週間前後かかる場合があります。
    • 一度に多数の投稿をいただいても掲載できない場合があります。
    • 「生命倫理のひろば」の主旨にそぐわないコメントや以下の内容を含むものは掲載できません。

       ● 営利目的の情報 ● 不必要な個人情報 ● 人を不快にさせるような記述

     ※ 読みやすさの観点等から、コメントおよび質問の文言をこちらで修正することがございますので、
       予めご了承ください。

    回答者一覧

    児玉 聡 ( 京都大学・文学研究科、倫理一般)
    佐藤 恵子 ( 京都大学・医学部附属病院、生命倫理)
    鈴木 美香 ( 京都大学・iPS 細胞研究所、研究倫理)
    長尾 式子 ( 神戸大学・保健学研究科、看護倫理)

    生命倫理のひろば 質問・コメント入力フォーム

    ※印は、入力必須の項目です。(お名前、ニックネームは、いずれか必須となります)
    お名前
    ニックネーム

    ※投稿の署名欄には「ニックネーム」を表示します。
    「ニックネーム」の記入がない場合は、投稿の署名欄に「お名前」を表示します。
    E-mail

    ※コメントの掲載についてご連絡する場合がございますので、メールアドレスは必ずご記入ください。

    タイトル
    コメント
    ありがとうございました。ご入力が完了しましたら、【確認】をチェックして投稿ください。
    上記内容を確認しました 確認

    ×