Project
HOME > プロジェクト > 分析アジア哲学

分析アジア哲学

現代の分析哲学や非古典論理などの知的道具立てを用いてアジア思想を再解釈し、ひいては21世紀の新たな哲学知の構築を目指す、それが「分析アジア哲学」と呼ばれる新分野の使命です。ここで言う「アジア思想」には、仏教・儒教・道教・ヒンドゥー教などの伝統思想に加え、京都学派や現代新儒家といった近現代の哲学も含まれます。分析アジア哲学は、アジア思想が持つ様々な発想を、単なる知的骨董品として扱うのではなく、現代でも通用する哲学的アイディアとして甦らせることで、現代哲学の議論をより豊かにすることを志向しているのです。本センターは、アジアを中心とした海外の研究者とのネットワークを構築することで、分析アジア哲学の世界的な教育研究拠点を構築することを目指しています。

本プロジェクトの外部サイト

第三回東アジア現代哲学会議(CCPEA 2016)

*応募締め切りが4/15に延長されました。
2016年8月19日・20日の両日、ソウル大学で第三回東アジア現代哲学会議(CCPEA 2016) が開催されます。CCPEA は2012年に台北、2014年に京都でそれぞれ開催され、東アジアのみならず、世界各国の哲学研究者が集い、活発な討議が繰り広げられました(過去の大会については下記HPをご参照ください)。今回も多くの方々がご参加・ご発表くださるよう、お呼びかけをさせて頂きたいと存じます。Call for Papersはこちらからもご覧いただけます。

First Conference on Contemporary Philosophy in East Asia
http://deptphi.ccu.edu.tw/CCPEA2012/CCPEA.htm

The 2nd Coference on Contemorary Philosophy in East Asia
http://www.cape.bun.kyoto-u.ac.jp/ccpea2014/index.html

  • Conference Outline
  • Title:The 3rd Conference on Contemporary Philosophy in East Asia (CCPEA 2016)
    Venue:Seoul National University
    Date:August 19-20, 2016
    Official Language: English
    Program: Plenary Lectures, Contributed Papers, Symposia
    Registration: On-site (on-line registration is not required)
    Registration Fee: Free
    Conference Website: http://www.ccpea2016.kr
    Contact: ccpea2016@snu.ac.kr
    Host: Institute of Philosophy, Seoul National University

  • Important Dates
  • January 15, 2016 Conference website opens. Call for papers
    April 15, 2016 March 6, 2016 Abstract submission deadline
    May 13, 2016 Notification of acceptance
    June 2016 Conference program and abstracts announced

CAPEについて
ご挨拶
ミッション
応用哲学・倫理学
学内連携
国内連携
国際連携
関連する過去の活動
メンバー
水谷 雅彦
芦名 定道
出口 康夫
伊勢田 哲治
児玉 聡
海田 大輔
スティグ・リンドバーク
大塚 淳
研究員
事務補佐
運営委員会
CAPE Lecture・WS
CAPEレクチャー
CAPEワークショップ・
シンポジウム等
プロジェクト
生命倫理
環境倫理
情報倫理
研究倫理
実験哲学
ロボット哲学
宇宙倫理
分析アジア哲学
動物倫理
ビジネス倫理
教育・アウトリーチ
教育活動
入門書紹介
メディア
臨床倫理学入門コース
研究倫理学入門コース
出版物
出版プロジェクト
研究業績
page
生命倫理のひろば投稿

<生命倫理のひろばでのルール>

  • 読みやすさを考えて、文字数は400 字以内におさめてください(最大800 字まで)。
  • 投稿の際には「ニックネーム」を指定できます。
  • 質問やコメントの掲載までに1 週間前後かかる場合があります。
  • 一度に多数の投稿をいただいても掲載できない場合があります。
  • 「生命倫理のひろば」の主旨にそぐわないコメントや以下の内容を含むものは掲載できません。

     ● 営利目的の情報 ● 不必要な個人情報 ● 人を不快にさせるような記述

 ※ 読みやすさの観点等から、コメントおよび質問の文言をこちらで修正することがございますので、
   予めご了承ください。

回答者一覧

児玉 聡 ( 京都大学・文学研究科、倫理一般)
佐藤 恵子 ( 京都大学・医学部附属病院、生命倫理)
鈴木 美香 ( 京都大学・iPS 細胞研究所、研究倫理)
長尾 式子 ( 神戸大学・保健学研究科、看護倫理)

生命倫理のひろば 質問・コメント入力フォーム

※印は、入力必須の項目です。(お名前、ニックネームは、いずれか必須となります)
お名前
ニックネーム

※投稿の署名欄には「ニックネーム」を表示します。
「ニックネーム」の記入がない場合は、投稿の署名欄に「お名前」を表示します。
E-mail

※コメントの掲載についてご連絡する場合がございますので、メールアドレスは必ずご記入ください。

タイトル
コメント
ありがとうございました。ご入力が完了しましたら、【確認】をチェックして投稿ください。
上記内容を確認しました  確認

×