Project
HOME > プロジェクト > ロボット哲学

ロボット哲学

ロボット技術は現在めざましく発展しており、新しいロボット技術の開発、あるいはその応用についてのニュースが毎日のように私たちを驚かせています。その応用の範囲は、軍事、警察、災害救助、コミュニケーション、運輸、医療、ケア、教育、家事、エンターテインメントと、多岐にわたっています。今後、ロボットはますます私たちの社会の隅々に浸透していくことでしょう。無人ヘリコプターが都市の上空を飛び交い、自動運転車両が街路を走る。自律的兵器が戦場や国境線で、あるいはテロリストの潜んでいると疑われる街中で人間を殺傷し、ケアロボットが老人や子供の面倒を見る。コンパニオンロボットがペット、友人、家族、あるいは恋人として人々に寄り添い、心の支えを提供する。このような事態はSFではありません。このままいけばそう遠くない将来に実現するでしょう(部分的にはすでに実現しています)。良きにつけ悪しきにつけ、こういった変化が社会や個人に与える影響は計り知れません。ロボット技術は間違いなく21世紀において最重要のテクノロジーの一つであり、そのようなテクノロジーについて考察することは哲学者と倫理学者にとっても重要な課題であると私たちは考えています。
具体的には、私たちは主に以下の点において、ロボットは哲学と倫理学に重要な主題を提供すると考えています。第一に、ますます人間に近づくロボットと共生する――あるいはそれと対立する――ことは、「人間とは何か」という最も根本的な哲学的問題を、先鋭的な形で私たちに突きつけます。そして人工知能が20世紀後半に心の哲学の大きな発展をもたらしたように、ロボットが哲学の議論を豊かにしてくれることが期待できます。第二に、ロボットが社会に浸透するにつれてそれらの活動が道徳的に重大な帰結をもたらすことが予測されるため、そのような事態にどのように備えるかという現実的な問題が生じます。例えばロボットの行動の結果に対して誰が責任を負うのか、ロボットに道徳的判断や道徳的行動をとらせることはどこまで許されるのか、といった問題を倫理学者は考える必要があります。このことはさらに道徳的責任や道徳的行為者性について考察する新しい視点を提供します。
ロボットと人間が共生する社会は目の前に迫っており、それは哲学者と倫理学者に重要な課題を突きつけると同時に、豊かな洞察をもたらしてもくれるでしょう。

ロボットの応用哲学 
2011年に発足したロボットに関する哲学・倫理学的研究を活発に行なっている研究会です。この研究会のメンバーである滋賀大学の神崎宣次准教授、名古屋大学の久木田水生准教授は当センターの研究員も兼任しています(平成28年3月31日まで)。


CAPEについて
ご挨拶
ミッション
応用哲学・倫理学
学内連携
国内連携
国際連携
関連する過去の活動
メンバー
水谷 雅彦
芦名 定道
出口 康夫
伊勢田 哲治
児玉 聡
海田 大輔
スティグ・リンドバーク
大塚 淳
研究員
事務補佐
運営委員会
CAPE Lecture・WS
CAPEレクチャー
CAPEワークショップ・
シンポジウム等
プロジェクト
生命倫理
環境倫理
情報倫理
研究倫理
実験哲学
ロボット哲学
宇宙倫理
分析アジア哲学
動物倫理
ビジネス倫理
教育・アウトリーチ
教育活動
入門書紹介
メディア
臨床倫理学入門コース
研究倫理学入門コース
出版物
出版プロジェクト
研究業績
page
生命倫理のひろば投稿

<生命倫理のひろばでのルール>

  • 読みやすさを考えて、文字数は400 字以内におさめてください(最大800 字まで)。
  • 投稿の際には「ニックネーム」を指定できます。
  • 質問やコメントの掲載までに1 週間前後かかる場合があります。
  • 一度に多数の投稿をいただいても掲載できない場合があります。
  • 「生命倫理のひろば」の主旨にそぐわないコメントや以下の内容を含むものは掲載できません。

     ● 営利目的の情報 ● 不必要な個人情報 ● 人を不快にさせるような記述

 ※ 読みやすさの観点等から、コメントおよび質問の文言をこちらで修正することがございますので、
   予めご了承ください。

回答者一覧

児玉 聡 ( 京都大学・文学研究科、倫理一般)
佐藤 恵子 ( 京都大学・医学部附属病院、生命倫理)
鈴木 美香 ( 京都大学・iPS 細胞研究所、研究倫理)
長尾 式子 ( 神戸大学・保健学研究科、看護倫理)

生命倫理のひろば 質問・コメント入力フォーム

※印は、入力必須の項目です。(お名前、ニックネームは、いずれか必須となります)
お名前
ニックネーム

※投稿の署名欄には「ニックネーム」を表示します。
「ニックネーム」の記入がない場合は、投稿の署名欄に「お名前」を表示します。
E-mail

※コメントの掲載についてご連絡する場合がございますので、メールアドレスは必ずご記入ください。

タイトル
コメント
ありがとうございました。ご入力が完了しましたら、【確認】をチェックして投稿ください。
上記内容を確認しました  確認

×