Project
HOME > プロジェクト > 環境倫理

環境倫理

Environmental Ethicsは環境倫理学とも環境倫理とも訳されます。環境倫理学という場合には、人間と人間以外の存在との関係のあり方に関する哲学的研究を主に指します。ここで注意してもらいたいのですが、「環境」=「人間以外の存在」は、自然環境だけではありません。近年では農地や里山のような人の手が入った、その意味で純粋な自然ではない環境や、都市のような人工環境も環境倫理学の研究対象とされるようになってきています。
「人間以外の存在との関係」というこの問いは更に広い射程を持つもので、人間以外の動物や、ロボットなどの人工物や、他の惑星などの地球の生態系に含まれない環境などをわれわれはどう扱うべきかといった問題も、環境倫理学のこの問いの延長上に考えることができるものです。これらの問題領域はそれぞれ、動物倫理学、ロボット倫理学、宇宙倫理学などと呼ばれています。
これに対して環境倫理という呼び方は、ローカルな環境保全や資源管理のような、より具体的で実践的な事例を扱う研究を指すのに使われる傾向があります。そのため環境社会学との違いが明確ではない研究もたくさんあります。倫理学寄りの研究としては、たとえば専門家が地域住民と協働して地域の環境保全に取り組むという環境保全プロジェクトが近年数多く実施されていますが、そのような協働における専門家の行動規範や責任を明らかにすることなどが挙げられるでしょう。
これは専門家の責任や研究者倫理と呼ばれる倫理学上の問題の環境科学版ともいえます。専門家や研究者の育成を使命とする大学にとっては、研究者倫理そのものについての研究だけでなく、それを専門家や研究者になっていく学生の教育にどう反映させるかも、重要な課題となります。
 本プロジェクトではこれらの両面の研究を行っていきます。

CAPEについて
ご挨拶
ミッション
応用哲学・倫理学
学内連携
国内連携
国際連携
関連する過去の活動
メンバー
水谷 雅彦
芦名 定道
出口 康夫
伊勢田 哲治
児玉 聡
海田 大輔
スティグ・リンドバーク
大塚 淳
研究員
事務補佐
運営委員会
CAPE Lecture・WS
CAPEレクチャー
CAPEワークショップ・
シンポジウム等
プロジェクト
生命倫理
環境倫理
情報倫理
研究倫理
実験哲学
ロボット哲学
宇宙倫理
分析アジア哲学
動物倫理
ビジネス倫理
教育・アウトリーチ
教育活動
入門書紹介
メディア
臨床倫理学入門コース
研究倫理学入門コース
出版物
出版プロジェクト
研究業績
page
生命倫理のひろば投稿

<生命倫理のひろばでのルール>

  • 読みやすさを考えて、文字数は400 字以内におさめてください(最大800 字まで)。
  • 投稿の際には「ニックネーム」を指定できます。
  • 質問やコメントの掲載までに1 週間前後かかる場合があります。
  • 一度に多数の投稿をいただいても掲載できない場合があります。
  • 「生命倫理のひろば」の主旨にそぐわないコメントや以下の内容を含むものは掲載できません。

     ● 営利目的の情報 ● 不必要な個人情報 ● 人を不快にさせるような記述

 ※ 読みやすさの観点等から、コメントおよび質問の文言をこちらで修正することがございますので、
   予めご了承ください。

回答者一覧

児玉 聡 ( 京都大学・文学研究科、倫理一般)
佐藤 恵子 ( 京都大学・医学部附属病院、生命倫理)
鈴木 美香 ( 京都大学・iPS 細胞研究所、研究倫理)
長尾 式子 ( 神戸大学・保健学研究科、看護倫理)

生命倫理のひろば 質問・コメント入力フォーム

※印は、入力必須の項目です。(お名前、ニックネームは、いずれか必須となります)
お名前
ニックネーム

※投稿の署名欄には「ニックネーム」を表示します。
「ニックネーム」の記入がない場合は、投稿の署名欄に「お名前」を表示します。
E-mail

※コメントの掲載についてご連絡する場合がございますので、メールアドレスは必ずご記入ください。

タイトル
コメント
ありがとうございました。ご入力が完了しましたら、【確認】をチェックして投稿ください。
上記内容を確認しました  確認

×