CAPE Lecture / WS
HOME > 教育・アウトリーチ > 臨床倫理学入門コース

臨床倫理学入門コース

臨床倫理学入門コースとは?

本コースは、実際に臨床現場で起こる倫理的な問題について、臨床倫理に関する倫理的・法的な基礎知識を身に付けたうえで、実践的な対応策を立てることができるようになることを目標に実施される二日間の集中コースです。主な対象者としては、医療系・文系の大学生・大学院生及び、医療従事者やその他の社会人を想定しています。

【NEW】2017年8月10日(木)11日(金)にかけまして、第三回臨床倫理学入門コースを開催いたします。

会場:京都大学法学部

日時:2017年8月10日(木)09:00~17:30、11日(金)09:00~17:00 (予定)

懇親会:8月10日(木)17:30〜19:30 (ご参加は任意です)

参加費用:無料(懇親会費3000円・昼食費各日1000円を、別途お支払いいただきます)

募集人数:30名程度(応募者多数の場合、選考を行います。)

申し込み方法:以下の「受講申し込みはこちら」から、フォームにご入力いただき、ご送信ください。
【締め切り:6月30日(金)】→終了しました。多数の申し込みありがとうございました。

講師・ファシリテーター:
水谷雅彦(京大文学部CAPEセンター長)
佐藤恵子(京大医学部附属病院)
児玉聡(京大大学院文学研究科)
服部高宏(京大大学院法学研究科)
竹ノ内沙弥香(京大医学研究科)
松村由美(京大医学部附属病院)
門岡康弘(熊本大学大学院生命科学研究部)
長尾式子(北里大学看護学部)
鈴木美香(京大iPS細胞研究所)

主催:京都大学大学院文学研究科応用哲学・倫理学教育研究センター(CAPE)
共催:京都大学附属病院臨床研究総合センター(iACT)

ご参考までに、昨年8月に実施した前回の臨床倫理学入門コースのプログラムと実施報告を公開いたします。(プログラムの内容につきましては、若干の変更の可能性がございます)
2016年度臨床倫理入門プログラムタイムテーブル
2016年度臨床倫理学入門コース実施報告

CAPEについて
ご挨拶
ミッション
応用哲学・倫理学
学内連携
国内連携
国際連携
関連する過去の活動
メンバー
水谷 雅彦
芦名 定道
出口 康夫
伊勢田 哲治
児玉 聡
海田 大輔
スティグ・リンドバーク
大塚 淳
研究員
事務補佐
運営委員会
CAPE Lecture・WS
CAPEレクチャー
CAPEワークショップ・
シンポジウム等
プロジェクト
生命倫理
環境倫理
情報倫理
研究倫理
実験哲学
ロボット哲学
宇宙倫理
分析アジア哲学
動物倫理
ビジネス倫理
教育・アウトリーチ
教育活動
入門書紹介
メディア
臨床倫理学入門コース
研究倫理学入門コース
出版物
出版プロジェクト
研究業績
page
生命倫理のひろば投稿

<生命倫理のひろばでのルール>

  • 読みやすさを考えて、文字数は400 字以内におさめてください(最大800 字まで)。
  • 投稿の際には「ニックネーム」を指定できます。
  • 質問やコメントの掲載までに1 週間前後かかる場合があります。
  • 一度に多数の投稿をいただいても掲載できない場合があります。
  • 「生命倫理のひろば」の主旨にそぐわないコメントや以下の内容を含むものは掲載できません。

     ● 営利目的の情報 ● 不必要な個人情報 ● 人を不快にさせるような記述

 ※ 読みやすさの観点等から、コメントおよび質問の文言をこちらで修正することがございますので、
   予めご了承ください。

回答者一覧

児玉 聡 ( 京都大学・文学研究科、倫理一般)
佐藤 恵子 ( 京都大学・医学部附属病院、生命倫理)
鈴木 美香 ( 京都大学・iPS 細胞研究所、研究倫理)
長尾 式子 ( 神戸大学・保健学研究科、看護倫理)

生命倫理のひろば 質問・コメント入力フォーム

※印は、入力必須の項目です。(お名前、ニックネームは、いずれか必須となります)
お名前
ニックネーム

※投稿の署名欄には「ニックネーム」を表示します。
「ニックネーム」の記入がない場合は、投稿の署名欄に「お名前」を表示します。
E-mail

※コメントの掲載についてご連絡する場合がございますので、メールアドレスは必ずご記入ください。

タイトル
コメント
ありがとうございました。ご入力が完了しましたら、【確認】をチェックして投稿ください。
上記内容を確認しました  確認

×